忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2018/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
高校生活は3年間、女子校だった私。入学式の時、体育館にセーラー服が鮨詰状態に並んでいるのを見てビックリ、クラスの人数が52人もいて更にビックリ。ベビーブーム世代であることを痛感しましたーーは、さておき。

正直、普通の女の子とは感覚ずれていた私は、『女子だけ』の空間になかなか馴染めませんでした……何せ、子どもの頃見ていたテレビ番組といえばウルトラマンや仮面ライダー、戦隊モノ、中学時代も聖闘士星矢や北斗の拳といった男の子が食いつきそうなものばかり。
歌番組は幼少期の事件以来まともに見ていなかったので、よほど周囲で歌われていない限りはアイドルも知らなかったし、日頃よく聞く音楽といえばクラシックバレエを習っていたためかクラシックオンリー。

あ、あと虫好きね。これだけは3年間、誰も共感してくれませんでした。(笑)

しかし、10代の女の子という生き物はとかく群れたがる……私はぶっちゃけ、そんな群れにはあまり関わりたくないと思っていたので、『一人なら一人でもいいや』と開き直っていました。
ただ、明らかに周囲にはぶかれて独りになっている子を見つけると放っておけずーーいじめに発展しかねませんからーー最初は、その子と一緒に昼休みを過ごす事に決めました。

一緒にお弁当など食べるようになって数日で「私も一緒に食べていい?」「いいよ」で1人増え、更に数日過ぎると2人増え、10日ほどで7人のグループ化。こはいかに?
女子52人もいると、私のような変り種の周りにもグループができるのねー……でも、趣味や好きなテレビ番組、好きなタレントなどの話になると、

「私、光GENJI大好き」
「えー、SMAPの方がいいよぉ」
「何言ってんのTMに決まってるでしょ」
「ねえ、さーやんどう思う? 好きなアイドル誰?」
「……(参ったなー、最近のアイドル全然知らない)……ピンクレディ」

一同、飲み物など吹き出すーー

「ちょっと、いくら何でも古すぎやろ。いつも何ば聴いとぉと?」
「えーと、チャイコフスキー、ポールモーリア、え、知らない? うーんと、ビートルズは? サイモン&ガーファンクルは? スティングとか」

一同、だんまり……そのうち、グループ中の1人が、

「さーやんは、変だからー」

と言って、一同納得。いやいやいや、『変』って何よ??
けれども、彼女が言ったこの言葉はあっという間にグループの子等に伝染。
しまいにはクラス中の子から、

「うんうん。さーやんは変だからね」

と返されるようになりました……まぁ、自分達にとって理解できない存在を『変だから』と納得してくれて、受け入れてくれたことには感謝します……
あなた達はその一言で納得できて良かったとは思いますがーー私自身は3年間、「変だから」と言われる度に複雑な心境になりました。

いじめでも、褒め言葉でもない、私を表す言葉ーー「変だから」。

周囲との価値観の違いから、壮絶ないじめを受けた人もいると思います。私自身、紙一重の環境にいたのではないかと思うと、グループの子の1人が言い始めた、この、

「さーやんは、変だからー」

に救われたのかもしれません。

ーーその後、大学〜独り暮らし時代にかけては、男友達からも女友達からも、

「男・女・莢猫」

と言われましたーー男でも女でもない、第3の性『莢猫』。産まれは戸籍上も『女』ですが、友人達に言わせると、

男友達「全然女っぽくないから、むしろ話し易い」
女友達「莢猫みたいな彼氏欲しかったー(又は)莢猫が男だったら良かったのに」

確かに、特に女として見られたいなんて欲求はほとんどなかったし、車で秘湯巡りをしていた時は、男女の別なく一緒にお風呂に入ったりしていました。恥ずかしいとも思わなければ、いわゆる下心も全く無し。

「それ、絶ッッ対、おかしいでしょ!」

と、女の子らしい女友達に厳しく突っ込まれた時ーー高校生時代、「変だから」と言われ続けた根源を見つけたような気分になりました。

そうね。私、おかしいわ。でも、何故 ??

深層心理は、神のみぞ知る。



結婚して飼い猫生活になった今。
たまに、飼い主様にまで言われます。

「男・女・莢猫」

ーー言うのはかまわんばってん。そんな私を妻にした、あーたよっぽど『変』だよ?

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
44
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]