忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

真言踊り子衆が買い物にまで憑いて来るようになったある日。近くのショッピングモールまで出かけた時の事です……

いつものように、心の中で真言を唱えつつ買い物を済ませ、瑞穂たっての希望でソフトクリームを買って、食べながら帰りましょうと出口に向かっていると、出口近くのエスカレーター前のベンチに座っていた小学3年生くらいの男の子が、

「何じゃあれはーっ!」

と、こちらを見て叫んだのです。もしかして、見えてる?



すわ一大事! 小走りでモールの外へ。そのまま早歩きでモールから離れ、家が見えたところで後ろを振り返ってみました。
大丈夫、男の子は追いかけてきてはいませんでした。とことん好奇心あるような子でなくて、本当に良かった……

見える子には見えるんだと思うと、少し背筋が冷たくなる出来事でした。

たくさんの子霊(たとえるならヒトダマ)と踊り子衆(も、ちゃんと見られる人でなければヒトダマのようにしか見えないかも)が渦巻いて取り憑いている上、腰には小さな竜が巻きついているオバチャンってのは異様そのものでしかないよね、多分。←

しかし、他から見えないようなバリア張る方法なんて全く解りません。当分の間は、買い物行く時は留守番しておくように頼みました、が。

「わしらはおぬしに憑いとるんじゃ。留守番など無理じゃ」

の一点張り。こりゃ、はよぉ成仏してもらわんと……
うん、気合い入れて真言唱えよう。そうしよう。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]