忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜明け前から起き出して、まずは外宮へ。お宮以外の所にもたくさん神さんおわしまして、歓迎されましたーーてか、飼い主様がカメラ向ける度にポーズ取るのやめて。見える人にしか見えないのにーー笑

トヨウケさんにも笑顔で迎えられて、その足で今度は月夜見宮へ。
人嫌いなご神木にお清め頼まれて穢れ抜き……ツクヨミさんには歓迎されましたが、すぐ隣にある摂社の土地神さんは、何やら気に触るようでご機嫌よろしくない……お参りは飼い主様だけしてもらいました。が、この態度にツクヨミさん激怒!

「そなた、莢猫に対して無礼であるぞ。清めの力を頂きながらその態度、」

わぁーーーー! やめて、怒らないで! ご神木も縮み上がっとりますがな……境内の空気がビリビリ……怖いよぉ……土地神さんも縮こまって動かなくなりました。お隣お祀りされてるんだから、穏便にお願いしますよ、ホント。

「話をつけておくから、後でもう一度来ておくれ」

と言われ、いったん宿に戻り朝食済ませ、改めて月夜見宮へ。土地神さんとも和解して、めでたしめでたし。

お次は猿女に急かされて、椿大神社へゴー。途中、鈴鹿インター近くのヤマトタケルが主祭神とされている神社へ寄り道しました。うちが(多分)初めて神さんの声を聞いたのが、その神社だったからです。

「望むものは全て手に入る」

というお言葉頂いていたので、お礼参り。
前回はヤマトタケルと思い込んでお参りしていましたが……今回は何だか違和感が……

「そのあたりの詮索は無用じゃ」

あー触れちゃマズイところなのね、気をつけます。
一応、社の周りをぐるっと歩いて清めてから、気を取り直して椿大神社へレッツらゴー。

椿大社は境内も広く、ご神木も摂社もたくさんあって、ご神木にはその木がお気に入りらしい神獣もたくさんおわして、神々しくも賑々しい神社でした。
猿田彦も『ここの方がエネルギーチャージしやすい』と言ってご神気補っていました。伊勢の猿田彦神社ではダメなのね……

本殿へ行くと、猿田彦の眷族がずらりと並んで待っていました。その上にドーンと君臨する猿田彦、

「莢猫、ここまでよぉ来た。存分に神気を浴びていくが良い」

猿田彦、お社に戻るのかなーと思いきや、決めゼリフの後はやっぱり憑いて来られました。笑

そわそわしている猿女を横目に、足の進むまま摂社巡りーー天鈿女命の社に入ると、空気が変わりました……その時は、猿女と天鈿女命が同一神であることを知りませんでした……柏手を打って挨拶しようとすると、

「莢猫よ、ここで御守り買いなさい」

と、社の奥から声がーーでも、気配は背後にあるの何でだろ? 振り返ると、猿女がにんまり。

「ほらほら、そこの椿の花の守りでも買いや。賽銭はいらんから」



おいおい、何てこと言うんですかこの女神さんは……とにかく、猿女に勧められた紅白椿の花をかたどった御守りを1つ買いました。
何だか、ここ、バリバリ猿女の気配しかしないんですけど、もしかして……調べようとするも、腹の虫が空腹と騒ぎ出す始末。結局、猿女ではなく松阪牛のお店を検索、地元では有名店らしいすき焼きのお店へ電話をかけて予約を取りーーペコリンキューも通り越した頃、お店に到着!

腹が減っては何とやらーーまだまだ続く。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]