忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空海さんが守護霊になって、新たに真言を覚え唱えていくうちに、空海さんから提案されたのが『自分の仏を決める儀式』でした。

産土神とは別で、カンジョウというのだそうです。

うちな産土神は十一面観音で、この家に来てからは鬼子母神さんの弟子になっとるんですが……好奇心に満ちた空海さんの目を見ると、断るに断れにゃい……

「現実世界でやるには、ちとスペースが足らん。夢の中でやろう」

はい、かしこまりました。よろしくお願いします。

ーーてな訳で、カンジョウがどんな儀式なのかも分からないまま、その日の夜ーー連れて行かれたのは、五十畳はあろうかという和室の大広間。どっひゃーと思うも、空海さんに手渡されたのは、タスキ?
着物は着ておりませんが……え、目隠し? 部屋の端の真ん中に立たされ、渡された長い手拭いで目隠しすると、あら不思議。客観的に自分を見ているもう一人の視線になりました。

目隠しをしたうちは、空海さんに和紙でできた五枚の蓮の花びらを渡されました。

「それを一枚ずつ、後ろに放りなさい」

言われるまま、後ろに一枚ずつーー花びらはどこにも落ちず、ふわふわと空へ飛んでいき、あわあわと両手を空にやる空海さん。

「莢猫、花びらは落とすものであって、空に放るのではないのだよ」

と焦る空海さんにうちの返事が、

「だって、誰がどの仏さんなんだか、わかんないんだもん」

自分のセリフに、自分の背後の床に目をやると……そこには曼荼羅が広げてありました!

確かに、真ん中の大日如来さん以外の仏さんは、どれがどなたかサッパリコンですわ。唖然としていた空海さんも、大笑い。

「ならば漢字で曼荼羅を創り直そう」
「ほにゃ、鬼子母神さんと十一面観音さんも書き足してくなさい」

と、無理なお願いをして、仕切り直し。二度目は、三枚が鬼子母神さんの名の上に落ち、二枚はやっぱり空の彼方へ消えて行きました。

「いやはや、花がすべて空に消えた時は、どうしたものかと思ったわ」
「ところで、空海さん、このカンジョウって何ですか?」
「ははは……調べなさい」

ぐふっ。

ーー後日、心友Sにこの話をしたら、

「夫とお寺に行った時にやったよ! 曼荼羅の上にシキミを落とすの。夫もあたしも大日如来になった」

そりゃ、お坊さんが操s……げふんげふん……良かったねぃ、うん。空海さんも、苦笑い。
ネットサーフィンのち、判ったのは『灌頂』という儀式でした。

うちな仏さんは、やっぱり鬼子母神さん ♪

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]