忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホテルのロビーに到着すると、チェックインの行列ができていました……飼い主様に並んでもらって、ベンチで一休み……のつもりが、まっったく、落ち着かなーい!

それもそのはず、いろんな意味で、『気』が濃い上に、うようよいるのです。見えざる『何か』が。

昼間に見た竜さんほどではないけれどもモヤモヤと大小様々な気配ーー魑魅魍魎が、そこら中、人混みに紛れているのです。
そんな中、うちの飼い主様の周りには見えざるバリアがあるのに気が付きました。すると、

「もっとよく目を凝らして人間共を見てみよ。見えざるものが近づけぬのがよく判るだろう」

と鏡の神様に言われました。そうか、ガラスでも鏡のように反射する物なら何にでも宿れる神様だったねーーロビーでチェックイン待ちの行列をしみじみ見てみると……見えざるバリアが大きな人、全くない人もいて、飼い主様はバリアが比較的大きな人でした。

「あれ等は名に護られている者よ。神社仏閣で名を付けられた者はあのようにアヤカシの類は近づくことができんのだ。ただし、その名が知れぬうちは、な」

私の本名はひらがななので、護りもへったくれもありません……鏡が言うには、漢字当て字の名前や漢字を特殊読みするような名前だと、『名の知れぬ者』として近寄れないのだとか。

キラキラネームの子なんかバリバリ有利やん……は、さておき。

名前って、本当に大事なものなのねーー我が家に来て私に絡んでくるアヤカシ達も、「名を名乗れ」と言うと嫌がるというか、口を濁すというか。逆に居座りたがるモノは「新たな名を付けてくれ」とねだります。迂闊にあだ名も付けられませんよあーた。

うちの飼い主様も、名前そのものは、まあよくある男性の名です。が、『その漢字そんな読み方あったっけ?』って漢字当て字なのです。しかも、おとうさん、おかあさんの地元神社の宮司さん(つまり、神様)に付けてもらった、それはそれはありがたーい名前なのです。

「しかし、お主の飼い主は感謝の念が足らんな。せっかくの『名の壁』が薄らいでおる」

コン達がしみじみ言うので改めて飼い主様を見てみると、くっきりはっきり蜃気楼のような透明バリアが全身、体から50センチほど包んでいる人もいて、その人は見てくれただのオッチャンなのに何故か神々しく見えるのね……それに比べ、うちの飼い主様の透明バリアは月とスッポンくらい違うのです。

それでもまだ、バリアのある人は幾分マシ。全くない人達は、魑魅魍魎に取り囲まれて、足取り重そうだったり、障るのか少し辛そうに顔をしかめていたり。きっと部屋でもぐっすりとは眠れんだろなーーて、私の周りにもうようよ、他人事ではありません! おんしゅだしゅだ!!

こういうのって、女の方がこう言っちゃなんだけど男より簡単な名前多いかも。←私と同世代かそれ以上……実際、ロビーで行列作っている人達の中で、バリアある人のほとんどが男性でした。もちろん男性の中にも全くバリアない人いたし、女性それもだいぶ年配のおばあちゃんが凄いバリアつーか、強烈オーラ発しながら歩いていたりするのも見ましたが……って、あれ? 私、いつからこんなに見えるようになっていたっけ??

「それはここの土地柄よ。莢猫の持つ力が、この地の影響を受けておるのだ」

なんですと!? 恐るべし京都……おんしゅだしゅだ。唱え続けてないと、魑魅魍魎達からの視線がぁ〜〜!

「喝ーーーーッッ!!」

鏡の神様の一喝に、私に取り憑こうとしていた輩が一目散。ありがとうございます……名が明らかすぎるのもどうかと思うわ、こんな時。
辺りがスカスカになったところで飼い主様がチェックイン終わらせて戻ってきました。ただ座って待っていただけなのに、ドッと疲れた……

それでもまだ、新幹線で竜さんに作ってもらった卵オーラは保ててましたの、部屋に入るまでは。
飼い主様が部屋の鍵を解除してドアを開けたとたんーー部屋中を清めないととてもじゃないけど眠れなーーーーい!



持参していた除菌スプレー片手に、おんくろだのううんじゃく。部屋の鏡は全て寝床を向いていて、何やら怨念じみたものが宿っていてなかなか鏡の神様とリンクしてくれません。部屋に備え付けのティッシュで徹底的に拭き拭き、真言も唱え続けて、

「……莢猫よ、鏡は塞いで寝よ。ここの鏡は人の念から魑魅魍魎まであらゆるものが染み付きすぎている」

やっとこさ、鏡の神様と繋がりました。……でもここの鏡は壁に貼るように取り付けられていて、タオルをかける訳にもいきません。すると、これまで憑いてきてはいたものの身を隠していたザシキワラシが、

「新聞とテープ買ってきたらいいよ」

なるほど。早速コンビニで新聞紙とセロテープを買って部屋に戻るも、

「人の顔がついてる紙は使っちゃダメー」

……先に言ってくれよん。改めて新聞を見るとなんとまぁ、顔写真の多いこと! テレビの番組表や株価一覧など、人の顔が写っている所はちぎって省いたりして、何とか姿見と鏡台と円い鏡、三面を塞いでーー竜さんに作ってもらった卵オーラの力、使い果たしました……ぐふっ。

こんなんで明日、ちゃんとお参りできるかしらんーーうとうとしては『何か』の気配で目が覚める、を繰り返し、夜明け前の4時起床ーーいよいよ、伏見のお稲荷さんとご対面、続く!!

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]