忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

話は少し戻って、三番庚申のお参り前日。いつものごとく「清い水くれぃ」とやって来た河童と共に、見てくれはまるで貧乏神……ボロボロの着物を着たヨレヨレの『何か』もやって来ました。

「わしはマニ車に憑いておった。この国風に言うなら付喪神といった者か。チベットから飛行機でこの国に来たのだが、人の多い駅で『乗ってきた』坊主とはぐれてしまってのぉ。とある霊道を行けば救われると聞いてここまで来たのじゃ」



……ここは妖の駆け込み寺ではあーりません。とはいえ、瘦せおとろえたオジイチャンっぽいそれを無下に追い出すのも気が引けて、とりあえず、何かと我が家に居座ろうとするモノ等とは区別するため、『チベットさん』という呼び名を付けました。

ところが。呼び名であっても、名を付けて縛るのと同じ効果があるのねー……迂闊やった。

「わしに名をくれた礼に、おぬしの瞑想を手伝おうかの。おぬし、無駄に気が流れ出しておるからの。そこな腰に巻きついた竜はおぬしの気を浴び放題じゃ」

何ですと? って、そういえば春巻さん、我が家に来てからかなり大きくなったよね……それってもしかして。すると春巻さん曰く、

「確かに、おぬしは腰のチャクラから気がだだ漏れ。だから、わしは、いわば『栓』の役目を担っておった」

何をいけしゃあしゃあとーーとは思いましたが、春巻さんが腹巻もとい腰巻になって以来、寝込むほどの体調不良には見舞われてなかったなぁ、と思い直しました。
実際、体調はむしろ良くなったと言っても過言ではありません。コンが憑いていても、もう全然きつくないのです。

おお、ありがとう! 春巻さん ♪

は、置いといて。

この日から、チベットさんの瞑想スパルタ教育が始まりました。

我が家に来て1日もしないうちに、オジサン僧侶風な姿になったチベットさん。春巻さんが栓になってくれていてもまだ、気はダダ漏れなんだと痛感した次第です……(汗)

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]