忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

招き猫を泣く泣く処分してから数日後。
チベットさんのスパルタ教育受けているにもかかわらず、偏頭痛が治まらない……どうも、買い物に出かけた時に、何かが憑いてきたらしい……

この頃から少しずつ、『自分には自然霊や子どもの霊が寄って来やすい』と自覚してきました。基本、頭の上にはチベットさん、肩の辺りに三霊、お腹には春巻さんが巻きついているので、寄って来るのは主に足元ーー真言踊り子衆がいる辺り。

スーパーやショッピングモールへ行くと、あの世への逝き方が分からずに(あるいは母親の未練や後悔の念に囚われて)母親の周りをさ迷っていた子ども(赤ちゃん)の霊が何故かワラワラと集まってきます。

子どもの霊は悪霊ではありませんから、大人の人霊ほどタチ悪いモノはほとんどいません。
とりあえずは来るモノ拒まずで受け入れ、真言踊り子衆に音頭取ってもらって、烏枢沙摩明王の解穢真言『おん しゅりまり ままりまり しゅしゅり そわか』を唱え続けて、母親の思念やさ迷う心を浄化します。
浄化が進むと、地べたを転がりまわっていた子ども等の魂は次第に浮き上がってきます。
全ての魂が、肩以上の高さで身体の周りを渦巻き始めたら、金剛界五仏ーー不空成就如来・毘盧遮那仏(大日如来)・阿閦如来・宝生如来・阿弥陀如来ーーの真言、通称『光明真言』『おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん』を唱えて仏さんに蓮の花の舟を天から降ろしてもらって、その花に魂を乗せてあげて、天(あの世)へ送りだします。

ここだけの話、子どもの魂そのものは、純粋でほとんど穢れが無いからとっても送りやすいです。

ところが、グローバル化が進む昨今、真言の通じない霊魂が……子どもであるのは何となく分かるけど、どうも、この神仏の国『日本人』の感覚には馴染んていない様子。多分、外国人の子……手の打ちようがなく途方に暮れていたら、その夜。こんな夢を見たのです。

芝生の庭に置かれたドールハウスを見つめる、2、3歳の男の子と4、5歳の男の子。2人は金髪にブルーグレーの瞳をしていて、仲の良い兄弟らしく、つたない英語でやりとりしています。
よく見ると、男の子は2人で話しているのではなく、ドールハウスに話しかけています……何でだろうと視点をドールハウスに動かすと、何と中に小人が……お約束なのか何なのか……7人いる!

もしかして、この小人も込みで、うちに憑いとるんですか?

目が覚めると、『見える』ようになった男の子2人と、7人の小人。何をどうするよ?

こんな未知のケースの対処法なんて知る由もありません。男の子には片言の英語で話しかけ、何をして欲しいのか聞いてみました。
何やら好きなテレビ番組があったようで、お兄ちゃんは「テレビが見たい」と言い出し、日本の子ども番組でもいいかしらん……と子ども番組のチャンネルに合わせて見せていたところ……弟の方は背中に羽が生え、お兄ちゃんより先に天に昇っていきました。
お兄ちゃんはさして気にする事もなく、私に話しかけてきました。(英語で話しかけられているのだけど、私の脳内で即日本語意訳されちゃうのね……不思議だわー)

「オレ、いたずらっ子だったから弟みたいに天国には行けないよ」
「どんないたずらしたの?」
「蛇の死骸を拾ってきて(話を聞く限り、おそらく脱皮した抜け殻)ママのベッドに置いたり、生卵を椅子の上に置いて、ママが気がつかずに座るのを見張ったりしたもん」

ブハッ! そんなイタズラ、うちもしてみたかった!(大笑)

2人で笑った後、その程度のイタズラで天国に行けなくなる事はないと説得し、仏さんに大きめの蓮の花を降ろしてもらって、男の子を乗せてあげました。

「はい、これに乗れば天国行けるよ。本当だよ」
「ワオ! まるで@&%$#*(…聞き取れなかった…)みたい! おばちゃんありがとう、バイバイ ♪♪♪」



男の子は上機嫌で、光明真言で具現化した蓮の花に乗って、天に昇っていきました……さて。

人外のモノはどうする? つぶらな瞳で私を見上げる、小人達ーーあんた達はあの子等に憑いていた妖精なんだね……やっとこさ、日本語での意思疎通が計れるようになってから、いろいろ対策を講じることになりましたーー続く!

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]