忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜打ち朝駆けでS宅へ……早過ぎる朝食を食べさせてもらって、いざ出陣!
今回は九州の中心を南下して高千穂へ行き、日南線を北上して帰る神社巡りコース。

Sと事前にしっかり打ち合わせて、出発初日は熊本の国造神社へゴー。境内には阿蘇神社の神さんもおわしました。

実は数日前、阿蘇神社の神さんが国造神社の神さんに担がれて我が家へ来られました。

「わらわは阿蘇神社の神である。わらわを担いで来てくれたのは国造神社の神である。南へ足を延ばすのならば、ぜひ国造神社へ寄って欲しい」

Sとの神社巡りには国造神社も候補に入っていました。Sにこの話をしたところ、「じゃあ一番最初に行こう」という話になったのです。
ーー神社には昼過ぎに到着しましたが、神さん方は社から出迎えてくれました。阿蘇神社の神さん曰く、

「人間で言うところの『避難』じゃの。再建されるまではここにおる」

阿蘇神社は地震によって倒壊しましたが、その分、神社界隈の集落にはあまり被害がなかったそうで……聞けば神さんも相当無理をされたご様子。お願いですから、二度とそんな事しないで……お姿もボロボロじゃありませんか……

「確かに、もう懲りた。これからはそなたの意に沿おう。清めの役目だけでなく、神々の旗振りもお頼み申す」

旗振り……って、何? Sにそう言われた事を話すと、

「それってサヤちゃんが神様方の先導役って事なんじゃない?」

先導役ーー何はともあれ、阿蘇の神さんからの頼みとあらば、喜んで……銀河には後で「安請け合いするな」と叱られましたが、他に誰がやりますのん。うちの守護霊なら腹括ってちょうだい。

初日の参拝はここだけって事でーー所々、片側通行の道を行きながら地震の物凄さを痛感。けれども、天気も晴れ、景色の美しさにも恵まれて、神さんの計らいに感謝感謝で、日のあるうちに宿に到着。

古い民宿でしたが、一泊二食付きで宿の人たちも皆親切で……その家に憑いている妖達も皆、とても親切でした。笑
特に、畳の部屋に敷いてあった虎の柄の絨毯にはつがいの妖が憑いていて、

「寝る時はわしらの上に布団を敷くといい。夜中(畳の上)は冷えるぞ」

と教えてくれました。上に敷いちゃっていいの? うちな重たいよ?

「構わんよ。床が抜けるほど重くなければ大丈夫」

……ありがとう、ほにゃ遠慮なくそうさせてもらいます。笑
絨毯はちょうど布団二組載せられる大きさでした。夜は確かに、畳の隙間から冷気が上がってきて、絨毯様様でした。ありがとう、付喪神達!



そして、翌日。→ びー こんてぃにゅー……

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]