忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すっかり、我が家に遊びに来るのが当たり前になったーー河童や濡れ女、川童(かわわらし:川で溺れた子どもの霊が水霊と結びついて生まれた妖)など水妖達と、近くのお宮さんで知り合った猫神様と呼ばれる猫又達ーー気づけば、街路樹などそこらに生えている木々や草花、空におわします雲造りの神さん方から雨降り神さん雷さんまで……自分自身、いつの間にこんなに『見えて』『聞こえる』ようになってしまったやら。

話戻して、川原の話。

川童は元々人霊の妖なので、長く川にいると川の神さんにとっては穢れ抱えることになるそうで……子霊の浄化も極めてきた頃、川の神さんから「川童を皆あの世に送ってやって欲しい」と頼まれました。

いつも景色を楽しませてもらったり、土筆など食べられる野草も積ませてもらっている川の神さんの頼みですもの、喜んで引き受けますよ!

以来、川辺を散歩する時は常に解穢(ぐえ)真言を唱え、川童達の姿がふわふわと空を漂い始めたら
今度は光明真言を唱えて如来さんに蓮の花を降ろして頂いて、花の舟に川童達を乗せては天に送り出すーーを繰り返しました。

一方、お宮を寝ぐらにしていた猫又達も、何かと言い訳しては家に居座りたがるようになり……ええい、ここはアヤカシハウスじゃねー! 半端に見えてないからって居座るなゴルァ !!

居座るのはダメと言い聞かせているため、日替わりで招き猫を護ってくれているようです、多分。←←猫又が何匹いるのかは未把握……数えるのがめんどい……

霊道もキレイになったためか、本物のつーか格の高い神さんもお通りになられるようになり、そちらは猿田彦の眷属が4人交代で見守ってくれるようになりました。ありがたや。

しかしまあ、この家に来てからの霊感霊力上昇ははっきり言って異常でしょ……と思っていたら、ある日、浄水器の水をもらいに来た河童がボソッと一言。

「そりゃ仕方あるまいよ。莢猫には人外の魂が入っておる」

何ですと? バッと河童の方を見ると、そいつは両手で口を塞いでブンブン首を振りましたーーどうやら、言っちゃいけない事を口にしたらしい。

キュウリやるから白状しなよ。あ、逃げた。

あっという間に川へ帰ってしまいましたが、あたしゃ確かに聞いたぞ……でも、人外の魂ってどんな魂?

すると、空海さんが魂の仕組みについて解説してくれましたーー核心には全く触れずにーー魂がどんなものなのかは漠然と解りましたが、結局、自分の魂が何で構成されているのかは謎のまま。



いいさ、そのうち、全部解る。多分。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]