忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家に居着くからには、と通称『財テクの神』と呼んでいた、ぬらりひょんっぽい神格級妖ーー彼は何故か、コピー機などコンピューター家電が大好きで、彼の居場所はほぼコピー機の上でした。
伏見稲荷でお稲荷さんに立派な正式名称も頂いて帰ってきたので、何か一つ力試ししてやろうと、彼の勧めに従って宝クジを一枚買いました。

抽選会当日、アマテラスのお力も借りて会場まで出張って行った財テクの神は、見事に撃沈されて帰宅。実力のほどが知れたですよ。(笑)

偉そうに「稼がせてやろう」なんてのたまっていたのは何処のドイツですか、ホント。口ばっかりやったやん。

と、思いっきり責めてやろうと思っていたのですが……彼はその後一週間ほど、泣きどおしでした……そして、ある朝。リビングに降りていくと財テクの神の気配がありません。

「あれっ? 財テクの神な、どこ行ったと?」

すると一部始終を見守っていたらしいチベットさん曰く。

「あれは己の不甲斐なさを痛感したそうじゃ。今朝方、お稲荷様に付けて頂いた名を返上して、出て行きおった」

えーっ! あれほどしぶとく家に居座ろうとしていたくせに?

卑屈で高慢な質ではあったけど、数字にはめっぽう強くて、こと算数が苦手な莢猫にとっては、財テクならぬ計算の神として(挿絵の通り)、彼を重宝していたのです。←ぉぃ



ーー出て行くなら、家主に挨拶くらいして行けよ……正式な家主は飼い主様だけど。

とはいえ、うち自身は憑いているモノが増えたため、出て行くモノを思いやる体力的(霊力的、か?)余裕はありません。「去る者は追わず」でいかんと、身が保たん。

ーー後日。河童やその他妖達から、我が家の目と鼻の先にあるパチスロ店で、いつ見ても泣きながら玉やメダルを出しているーーという話を聞きました。

いつも泣きっぱなしになるくらいなら、気持ち入れ替えて戻って来ればいいのに……「去る者は追わず」とは思えど、ですわ……

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]