忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その日は予定どおり3時半起き、夜の山道運転には慣れている莢猫が運転手、飼い主様がカーナビでレッツラゴー。薄明るくなってきたところで奥の院駐車場に到着……同じ目的で来られたっぽい2人連れの女性がいて、少々残念な気持ちで奥の院へ。(空海さんに会いたい人は五万といるよね)と思い直したところで、ハッとしました。

だから、昨夜、枕元までわざわざ来てくださったのかー!

参拝時に一対一でゆっくり話す機会は無いと解っていたから、来てくれたのねーーありがたや。

しかぁし、何を話したか、ホントほとんど覚えてないぞ。その後、何かのきっかけで思い出せれば良いけど……なんて、あれこれ思いめぐらせているうちに、奥の院到着。

お堂はまだ雨戸開いていませんでした。はよ着きすぎた。とにかく、正面でお参り後、左手からお堂の裏へ回り、裏手の正面でもお参りして、お堂の脇へーー『地下堂参拝はこちら』の甲板を見つけて雨戸を見ると小さな扉が一つ。
まさか、ここから入るの? アリスの世界に出てきそうな、和装建築には不似合いの取っ手を掴んで回し開けると、向こう側には眼鏡をかけたお坊さんがいてやおらピョンと飛び退きました。

「うわっ! ……あー、びっくりしたー……今、開けますから、もうちょっと待ってくださいね。あーびっくりしたー」

眼鏡のお坊さんは「あーびっくりしたー」を連呼しながら雨戸を開けてくれました。笑
お堂が解放されるまでの間、飼い主様呆れて曰く。

「あのサイズの扉はどう見ても関係者専用でしょ。普通の人が出入りする扉じゃないでしょうに」

だって、早く地下堂行きたかったんだもん。
「こちらにおいで」って呼ばれたんだもんもん。←本当

おそらく、莢猫のおかげで(?)少しだけ早く開いたと思われる地下堂へーー



そこには大きな独鈷と数珠が備え付けられていて、その奥には御簾が下がっていました……姿は見えなかったけど、こんなお言葉頂きました。

「そなたは既に、神から『望むものは全て手に入る』という言葉を頂いておる。大いに望み、手に入れなさい。自分のことになると、どこか遠慮しておるからいかん。自分のために、望むこと」

ここまでで背後に参拝待ちの人の気配を感じて、「後でもっぺん来ます」と伝えると「二度目は(雨が)降るぞ」と教えてくれました。(元々、この日の天気予報は雨だったので、雨合羽は前もって用意していました←『カッパ』と言う度に河童が騒ぐので鬱陶しかった……苦笑)

朝早過ぎて空海さんグッズ買えないのは計画に織り込み済みでした。朝イチ参拝後は一旦ホテルに戻って朝食、チェックアウトしてもう一度奥の院参拝後、御守買って帰る算段だったのです。
高野山は他にもお参りどころ満載なんですが、今回は本当に、空海さんに会うためだけの旅行計画でしたの。笑

くだんの河童共は、奥の院を流れる玉川で大はしゃぎ……あんた等……はるばる高野山まで来て、何しよーとね。
玉川には鯉のぼりのような姿をした水神系眷属さんがいて、

「おぬしも清めてやろう。水に触れや」

と声をかけてくれました。お調子者妖を尻目に、両手をチャプチャプさせていると、

「わし等ここで遊んどるけん、後で迎えに来ちゃりー ♪ 」

と河童共。

憑いてくるのは、自己責任でと言うただろが。(怒)

ーーその3へ続く。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]