忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スクナヒコと繋がってしばらくして、彼の眷属という3羽のスズメじみた小鳥妖が我が家にやってきました。まるで、某妖漫画に出てきた小鳥のトリオ妖みたいなのがリアルにやってきた……笑



3羽の動きはせわしくほぼ同時に口を開きそれぞれがピーチクパーチク(まるで早送り再生の声のごとくかん高い早口で)物申すのでーー聞き取りにくいったらありゃしない。

「ちょっと待った !!  あたしゃ聖徳太子みたく同時に多数の者の意見は聞けないんだよ。1匹ずつゆっくり言ってちょうだい」

すると、3羽で目配せし合い……やっと聞き取れると思いきや。

「我等スクナヒコ様の眷属である」「スクナヒコ様御自らが人間の所へ出向くなどありえぬ」「莢猫は不敬である」「社に参れ」「いつになったら社に参るのじゃ」「はよぉ社に参らんか」

……同時に言うなと言ったよね? まぁ、何を言わんとしているのかは、何とか聞き取れたけど。まだまだ続く一方的な弾丸トークに「分かった!」と一喝して黙らせ、

「行くよ!」

ーー実は、スクナヒコが福岡のどこで祀られているやら分からなかったため、ネットサーフィンーー
以前、鳥居の前を車で通過した時に「遊びにこぉ」と声をかけてくださっていた住吉さんの摂社に祀られているのを知りました。今度こそ、ご挨拶に参ります。

ちょうどその頃、大学時代の親友Sに鳥獣戯画展に行こうと誘われていて、彼女にこの一件を打ち明けると、

「私も行きたい!」

そこで、まず朝イチ鳥獣戯画展観覧、昼食後、住吉大社参拝という計画を立てました。

当日はド快晴。神さん方、ありがとうございます! Sを車に乗せて博物館へレッツらゴー ♪
人気の展覧会にありがちな入場制限にもめげず、いざ観覧スタート。モノ見るペースはお互いまちまちなため、見終わったら物販コーナーで落ち合う暗黙のルールーー

うちな初っぱな展示してあった明恵さんの絵に話しかけられました。

「そなた、空海さんゆかりの者か?」

その日、空海さんの御守ペンダントは家に置いてました……首を振って、1ヶ月前奥の院に行った事を胸の内で伝えると、

「そうであったか。ゆっくり見ておいき」

もちろんそのつもりですよ明恵さん……ところが。
その後も、何故か展示物からやたらと話しかけられ、ゆっくり見るというより、話し相手をしながら進む事になってしまいました。
春日明神さんとこの狛犬からは「わしも連れて行ってくれんかの」と頼まれたり。展示物は持ち出せませんがなー(汗)
後から聞いたSの話によると、あれだけたくさんの人が見に来ていたにも拘らず、うちが展示物と話をしている間は人垣が途切れていたそうです(周りに人がいない時は『展示品と話してるんだろうなって思った』との事)。気づかんかった……笑

観覧後は天満宮まで足を伸ばして、梅酒のお神酒購入。昼食済ませたら、いよいよ住吉大社へ。
住吉さんには「よぉ来たよぉ来た」と歓迎されました。ありがとうございます。
そしてくだんのスクナヒコ摂社は……とても分かりにくくて素通りしてしまいそうになりました……ごめんなさい。
だってね、何の立て看板もなく、社にはごくシンプルな筆書で『薬神』としか記されてなかったんだもの。でも、社の前に立つと3羽のスズメ、じゃなかった、小鳥眷属が留守番しているのが見えて「あ、ここなんだ」と判りました。
残念ながらスクナヒコはお留守でしたが、3羽との約束は果たしました。笑

余談ですが、スズメは狐霊が目の敵にしている鳥です。ウカタマさんは五穀豊穣の神でもあるため、ウカタマさんはじめ眷属の狐霊達は皆、稲穂を食い荒らすスズメを害獣として忌み嫌っています。
だもんで、スクナヒコ眷属が姿を現わす度に、コン達がざわつくのね……お願いだから、飛びかかったりしないでよ。あれはスズメっぽい姿をしているだけでスズメじゃないんだから。

更にここだけの話、あの小鳥達はスクナヒコの定番眷属ではなく『自称眷属』と思われます。福岡は住吉大社のスクナヒコ摂社限定ね。

はてさて。

Sを博多駅まで送り届けて帰宅するとーーお坊さん(の霊)が一人増えて、る?

「空海さんとじっくりお話させてもらいたくての。憑いてきてしもぉた」

もしかして、明恵さん !? いつの間に……絶句。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]