忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雨の日も晴れの日も、それぞれ景色が美しいことーー人生山あり谷ありですが、どのような状況であっても人生は素晴らしい、みたいな意味の言葉です。『雨奇晴好』。晴好雨奇とも。

2015(平成27)年12月から始めて2016(平成28)年3月まで、ザザァーッと……私の生きてきた道をちょっとしたイベントごとに記してきました。
これからは、自分が日々感じたことを綴っていこうと思います。

なんて、カテゴリーは『雨奇晴好』なんてカッコつけちゃいましたが、ノリは『徒然草』の方が近いかも。(笑)

つれづれなるままに
ひくらし すずりにむかひて
こころにうつりゆくよしなしごとを
そこはかとなくかきつくれば
あやしうこそものぐるほしけれ

思い出した過去については、今までどおり『思い出&逸話集』、これから起きる出来事については『飼い猫編』にカテゴリ分けしていきますね。



さて、人生は山あり谷あり。中には谷ばかり、平坦で何もなかった、なんて言う人もいたりして、人生観の捉え方は人それぞれです。
私の場合は、自分で言うのもなんですが波瀾万丈、変化の激しい半生だったと思います。半生というか、自分では3分の2生(人生60年設定)ということにしています。60歳過ぎたら、文字どおり余生です。

今や人生80年などと言われていますが、私が20代の頃には『第2次ベビーブーム世代の寿命は41歳説』(環境・食生活等悪化による短命化説)が話題になっていたほどですから、仮にその説を採用したなら、既に余生突入しているのですよあーた……

実際のところ人生何年だか、それもまた人それぞれではありますがーー寿命は誰もが、いつしか尽きるもの。
それが今日なのか明日なのか、1年後10年後50年後なのかーー神のみぞ知る。

例えば、私が末期ガンで余命宣告されたとしても、それは医師が診断として算出した寿命の目安であって、『その日になったら必ず死にます』という宣告ではない、と私は解釈します。

私は子どもの頃から「自分はそう簡単に死なん」という妙な自覚がありますから、きっと、そう簡単には死なないと思います。(笑)
でも、寝たきりで長生きはしたくないから、そうなった時は延命処置は要らない。さっさと終わらせてください。輸血とか酸素吸入器とか必要ないからね、うん。

……私は、他の人とは『生死観』が違うのかもしれません。よく見かける表現に『生と死は隣り合わせ』とか『生死は表裏一体』とかありますが、私個人の意見は、

「死はいつも生の目の前、鼻先にある」

というか、魂というか『生』自体が、例えるなら端を少し濡らしたティッシュを鼻先にくっつけて、それを鼻息で吹きながら暮らしているって感じです。うっかりティッシュを吹き飛ばしてしまったら the end という訳です。
あるいは、どうにかすると顔にくっついてくる濡れティッシュ『死』を、常に鼻息で吹き飛ばしながら暮らしていて、鼻息で濡れティッシュを吹き飛ばせなくなった時 the end ……

『生』こと命は脆いもの、同じくらい『死』も繊細で、油断すれば今すぐにでも迫るけれど、老衰・病弱などで体力弱るまで先延ばしできるものでもあるーーと、私は考えています。
そして、誰でも生き物は等しく、その『死』へ進んでいくもの。『死』は誰も逃れようがない終着地点です。

人生の行く道の選択肢は多岐に渡っても、辿り着く先は『あの世』なのです。(スンマセン仏教徒なもんで、私が逝く所はあの世……宗教によっては逝く先違うと思います、その辺はご容赦くださいませ)

どの道行っても最後は『死』。だったら、生きている間にできることは何でもやりましょう。

刑法に触れる事以外なら……『やらずに後悔するならやって後悔しろ』ーーこれ、誰かの名言だったような。
収集つかなくなったところで、ごきげんよう!(逃)

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]