忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2018/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
通称が『ねこ』、猫車とも言います。一輪車、手押車とも言いますーー農家には一台はあるかも、もっと大きくなるとリアカーになります。いろんな物を人力で運ぶ道具です。
物心ついた時にはそれを『ねこ』と呼び、押していくのを『ねこ押し』と言ったりしていましたーー母方の里にもあって、遊び道具の一つでもありました。

きょうだいで乗ったり押したり、大叔父にあたるおじちゃんが私達を二人乗せて押してくれたり後手にして引いてくれたりして遊んでくれました。
自分達に子どもがいなかったせいか、私達を子どもか孫のように可愛がってくれました。

ただ、物凄いヘヴィスモーカーで、缶ピース吸うような人だったので、小学生の時に亡くなりました……

以後、あまり猫車で遊ぶことは無くなりましたーーが。

会社人になって、再会しました。周囲で働いている方々も皆『ネコ』と呼んでいて、同僚の中でそれが何を指すのか知っているのは私だけという事を知ってショックを受けました。(笑)
ある日研修中、仕事場で『ネコ』持ってきてと言われた同僚が、

「ねえ、監督さんに猫持って来いって言われたんやけど、何で猫?」
「猫っておったっけ? てか、仕事に要る?」

と私に聞いてきて、一緒に来ていた他の子も『猫』を真剣に探している様子。……んな、バカな。

「ネコ、道具置き場にあったやん。うちが取って来るわ」

私が猫車を引いて戻ってくると、同僚は目を丸くして、

「それがネコって言うの?」
「なぁん、あんたら知らんかったと?」

逆に聞き返したら「そんなもん知る訳無いやん!」と口を揃えて返されました……誰もが知っていると思っていたよ。

「ひっくり返した形が猫耳みたいだから『ネコ』なんだよ」

と監督さんの説明で同僚達も納得。私も呼び名の由来は知らなかったので、私も納得。(笑)

今でも多分、押すのも引くのも自在、のはずです。猫車ーー昔取った杵柄で。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
44
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]