忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2018/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
まだ、薬院に県営プール、天神にスポーツセンターがあった頃の話ーーなぜ通うことになったのか、全く覚えていないのですが、夏休みと冬休みに5日間ほど、バスで行ったり自転車で行ったりしました。
運動オンチで、体育嫌いではありましたが、この2つの体育講習は夏・冬それぞれ楽しいイベントでした。

水泳教室は、まず学年ごとに階級分けされ、その後、その子がどれだけ泳げるのか階級ごと担当の先生が見極めて階級移動、最終日は昇級テスト……だったような。
階級はほとんど覚えていないのですが、私は最初のテストでいきなり2級アップ。生まれた時から水好き大好き、母方の里には小川があって季節問わず遊んでいたためかーー水面顔漬け・ビート板もあっさりクリア。

1年、2年、3年……毎年参加していると先生とも顔なじみになり、5・6年になるともう、先生方には名前呼び捨てにされるほど仲良く(?)なりました、が……いかんせん、運動オンチ。
5日間とはいえ毎年通いましたから、全ての型で泳げるようにはなりましたし、6年生の最終テスト1キロ遠泳も泳ぎ切りましたがーーキレイなフォルムで泳ぎ続けられないのと、スピードが全く無いのとで、最上級クラスにはなれず終いでした。

スケート教室は、福大だか九大の体育科のお兄さんお姉さんが講師で、最初は参加者全員でリンク周りをペンギン歩き。今思うとペンギン歩きよりチャップリン歩きの方が近い気がします……上手に歩けたら、今度はいよいよ氷上へ。
リンクでもペンギン歩きで一周して、氷に慣れたところで、リンクに学年別・縦長一列になって、向こう側まで軽く滑っていくのですが、初心者は転びまくったり進めなかったり。ここで滑れない子・少し滑る子・スイスイ行ける子にクラス分けされて、クラス別の指導を受けることになりました。

この教室は毎年講師が変わっていたので、先生と友達のようになることはありませんでしたが、6年間トータル約1ヶ月ほどで、ゆっくりバックできるくらいに上達することができました。

水泳もスケートも、昔取った杵柄が残っていれば……今も多分、できるはずです。多分。どちらも10年以上、やっていないからなぁ、自信はありません。(笑)

拍手[18回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
44
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



























<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]