忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2018/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
初めてその症状に見舞われたのは、夜中でした。トイレで目が覚めたのか、その辺りは全く覚えていないのですが、とにかく、

「チンチンが痛いよー」

と、股間押さえて泣き叫んだのを覚えています。日頃が元気過ぎたので、病気したのが記憶に残りやすかったのかしらん……痛い場所を明確に口にしていたので、母も私がどんな病気か見当がついたようです。
けれども、父は酔いちくれていてとても子どもを病院に連れて行ける状態ではありません。母は当時は車の免許を持っていなかったため、タクシーか何かで連れて行ったのではないかしら。
車に乗せられたのは覚えていますが、その後記憶が飛んでいます……寝ちゃったのかもしれません。

それ以後、数年おきに再発。20歳過ぎるとだんだん再発間隔が短くなり、社会人になると最初に発症した時のように急激に悪化した状態で再発を繰り返し、酷い時は尿がイチゴシロップ色!
かき氷食べる気失せますよそんなん自分の体から出ているの見ちゃうと……下世話な話でごめんなさい。

生理痛もさることながら、膀胱炎の痛みもそれはそれは半端ないです。しかも、生理痛には無い何とも言えない不快感と残尿感。
更にタチの悪いことに、生理とよく被るのです……これが厄介極まりないのは、検尿カップに経血も入ってしまうこと。

更に残念なのは、ニューキノロン系の良く効く強い抗生物質が飲めなくなって、決定打的薬が無くなった事ーー自己防衛策として、少しでも残尿感や不快感を感じたら、ひたすら水をがぶ飲みします。
少し塩を入れて生理的食塩水にしたり、スポーツドリンクの粉を買ってきたりして、少し味を変え飲み易くして何リットルも飲んで、どんどん出す!

これでいくらかは、楽になります。荒療治。不快感が落ち着いたら、トイレに行く回数を減らして過活動膀胱防止。面倒な器官ですわ、膀胱って。
とはいえ、これがないと老廃物も流し出せないから、メンテナンス大事ですね。

ここ、1年ほどは、そんな風にして膀胱炎回避しています。3年ほど前までは、3・4ヶ月に一度は泌尿器科のお世話になっていました。

できればもう二度と、お世話になりたくない……泣かんでよかごと、水分補給怠りません。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
44
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]