忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2018/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
あなたの知らない世界とか、稲川淳二の怖い話とかーー弟と二人、タオルケットかぶってテレビに釘付けになっていた頃は、自分には全く関係ない怪談、作り話だろうと思っていました。

大病患うまでは。

最初に、いわゆる『心霊現象』と呼ばれるものを体験したのは、中学一年の二学期でした。
当時私の部屋は、薄い壁一枚隔てた弟の部屋と隣り合わせで、お互いのちょっとした物音も隣に筒抜けでした。

ある日、気分が悪くて部屋でゴロゴロしていたら、弟の部屋から嫌がらせなのか当てつけなのか、壁をベルトのような物で叩くような、バシンバシンという音がし始めたのです。

「ちょっと、やめてよ」

と言うと、ますます酷くなる。堪りかねて部屋を出て隣の部屋を覗いたら、誰もいない。私が部屋を出てきたから逃げ出したのかと思い、家中探して玄関へーーあれ、靴がない。
弟の部屋は玄関から一番奥の部屋にあるので、私が部屋を出るまでに家を出ようとするなら走り出るドタバタ足音と玄関ドアのバタンと閉まる音がするはず……

ふらふらしながら部屋に戻ると、また、壁を叩く音がするのです。子どもの頃に見た心霊番組で、そんな現象を『ラップ音がする』と言っていたのを思い出した私は、背筋が冷たくなるのを感じて、タオルケットをミイラのように体に巻きつけて耳を塞ぎましたーー

高校生になると『近づきたくない』と思う場所、いわゆる『心霊スポット』に気づくようになり、更に、鏡から手がにゅっと出てくるとか、膝から下だけの足が走るのとかーーもろ、見えちゃう霊感体質に!



大学生になると、今までパーツでしか見えていなかったものがーー


影のようなものでしたが、まさかの全身、しかも男の人っぽい姿で大きくて! さすがに気ぃ失いました……(そして、大寝坊。見事遅刻しました。 恨みーますぅ♪ by中島みゆき)



今では、『ここは近寄れないな』とか『ここ何かヤダ』くらいの霊感になりましたが、やっぱり、人が見えない感じないモノは見えない感じない方がいいです……

拍手[13回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
44
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



























<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]