忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2018/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
私には、二歳下に弟、十歳離れて妹もいた上、母がベッタリするのを嫌う人だったのもあってか、自分が甘えたい思いは他に向けていたような気がします。
根が『甘えん坊』なのは、コンプレックスでもあったと思います。自分の満たされない気持ちは全部、ぬいぐるみにぶつけていたような……記憶は曖昧なのですが、高校生になるまでぬいぐるみをベッドに置いていたのは事実です。

子どもの頃、どこへ行くにも持ち歩いていたのが猫のぬいぐるみでした。小学校に上がっても、遠出する時(祖父母宅に行く時など)は必ず持って行きました。
12歳の誕生日にはリアルサイズのラッコのぬいぐるみを買ってもらい、それが添い寝のお供になりました。



入院中も、そのラッコを抱いて寝ていたのですが、ある日、そのことを保母先生に「甘えん坊」と指摘されて、恥ずかしいやら腹立たしいやら……
その実、入院してから母に甘えた事ばかり言っていた私。先生はやんわり釘を刺してくれたつもりだったのでしょうーー今ならそう思えますがーー当時の私はショック過ぎて、しばらく保母先生のことを無視していました。

その時、やり場のない思いをぶつけた詩がこちら……原文は利き手でない手で書いているので前記事の『ししゃも字』で書いてあると思ってください。

ラッコをだいてねるのは
わたしが甘えんぼうだから
じゃない
わたしは小学校にあがって
朝おきたら弟みたいに
母さんのふとんに入ったことは
一度もない
わたしはあまり
甘えたことはない
きょうだいとくらべても
わたしは甘えきれなかった
だからぬいぐるみなどを
だいてねる
それでよっきゅうふまんを
かいしょうする

今手元にあるぬいぐるみ
ラッコがゆいいつのよっきゅうふまん
をかいしょうしてくれる人だ
さびしいとおもったら
いつもお母さんにいてほしかった
けれどもいままでは
半分くらいきょうだいたちが
みてたから姉ちゃんとして
はずかしいから
ぬいぐるみを
だいてねた
今入院してて
さびしいなと思っても
お母さんがこれる日が
きまっているから
さびしい夜は

ラッコをだいてねる
甘えたいから
ラッコをだいてねる
甘えた数は
多いかもしれんけど
父さんや母さんには
こんなこといったこと
ないけど
いったら
姉ちゃんだから
はずかしいよ
だから
甘えんぼうじゃ
ないように
がんばってきた

だから
甘えんぼうじゃない
さびしいから
本当は甘えんぼに
なりたかったな



わたしは
ある人から
「さやちゃんはラッコなんか
 だいてねるなんて
 甘えんぼね」
といわれ
とてもくやしかった
お母さんと
ラッコはとても
いい人だ
いつもなぐさめてくれる


ーー12歳なりに、自分の矛盾と戦っていたのね……てか、ラッコのぬいぐるみが『人』になっているあたり、それだけ依存していたんだなぁと思います。

それにしても、私が入院中に書き散らした様々な言葉、イラスト、クラスメイトから貰った手紙など、全てを残してくれていたのは母でした。

母さんありがとう。でも、この歳で12歳の自分と向き合うのはさすがにこっぱずかしいわ……


※挿絵は当時の私が利き手でない手で描いたものです

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
45
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]