忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

石の上にも三年の会社勤めも三年目の秋。私は次の仕事を少しずつ模索し始めました。仕事が休みの日に、あっちをふらふらこっちをふらふら……そんな中、9歳年上の男性と知り合いました。
奥さんと別れたばかりのバツイチで、あまりいい噂は聞かなかったのですがーー最初の彼に歳が近く、『都合よく甘えられるかもしれない』と考えた私は、その人と付き合うことにしたのです。

その頃はちょうど固定電話からケータイ電話への過渡期でもあり、私も当時一番電波範囲の広かった会社のケータイを手に入れたのですが……当時は格安プランなどなく使えば使うほど電話代のかかる代物で、固定電話を解約してもケータイ代が家計を圧迫すること多々ありました。

10万超の電話料金支払いが度重なり、出かける時は冷蔵庫以外のブレーカーは全部落とし、ガス栓も開けるのは週一回、その時に一週間分の料理をして冷蔵庫へ。風呂は冬でも水浴びして暮らし、何とか家賃を捻出。
車維持も最低限で、洗車はタダで水が使える所で手洗い、ガソリンは一番安い店で給油、どんなに生理痛が酷くても、病院に行く余裕などなく寝てやり過ごしーー見かねたらしい彼が、

「通勤はちょっと大変になるけど、うちで暮らさない? 家賃や共益費は気にしなくていいから」

と申し出てくれて、やりくり困窮していた私はアッサリ乗ってしまいました。良くない噂は心の隅に引っかかっていたものの、金銭面扶助の誘惑には勝てず、同棲することを決意しました。

その後、彼の斡旋で次の仕事をつないだ私は、石の上にも三年会社を辞めて新たな職場へーー正規雇用ではないので、2ヶ月働いて2ヶ月休む事で更新可能という特殊な雇用形態に身を投じることになりました。
休みの2ヶ月は似たような繋がりの職場へ自分を売り込む電話をかけ、1ヶ月〜2ヶ月綱渡りで仕事をこなす日々。給料は独り暮らしの頃より減りましたが、家賃や食費を気にしなくていい分貯金できるようになりましたーーが。

彼と一緒に暮らしてひと月もすると、今までに聞いていた『良くない噂』が現実味を帯びてきたのです。

私の大嫌いな父と似ている……というか、言動がいちいち被るのです。私の父ほど汚い言葉ではないけれど、言葉や肉体的な暴力が月追うごとに酷くなっていきました。

二言目には『誰が稼いできよぉと思っとぉとや』『ガタガタぬかすと打ちくらすぞ』とがなり立て、本当に殴ったり物を投げつけたりするような父の一番嫌な面が、彼にもハッキリ見えた時、私は……どこかで分かっていたはず覚悟もしていたはずなのに……相当ショックを受けました。

ある日、生理痛の悪化でしんどい時に暴力を振るわれた私は、さすがに堪りかねて母に助けを求めました。母はすぐに駆けつけてくれて、彼に説教してくれたのですが……効果は全くありませんでした。

何度も自己正当・暴力肯定発言を繰り返す彼にげんなりした私は、彼が出張で家を空けた時を見計らって、一旦実家へ、自分の荷物を全部持って帰りました。

この時は、母にさんざん「今まで父親らしい事は何もしてこんかったっちゃけん、協力しぃ!!」と言われ、父も渋々(?)協力ーー母が運転するセダンと父が運転する軽ワゴンに私の荷物をギュウギュウ積み込んで、実家へ。少しは父へ感謝しかけたところが、帰る途中にお腹が空いてきたのかだんだん父が不機嫌に……てんこ盛り積み込んだ軽ワゴンが加速できるはずもなく、都市高速に乗ったものの、左車線をちんたら行くしかありません。

顔をしかめ「腹減った」としか言わなくなった父にげんなり。「今すぐ都市高降りてうどんでもラーメンでも食べりゃーいいやん!」と切り返すと「財布持って来んかった」ーーもう知るか、こんバカチンが!!
言うと運転中でも殴られそうだったので、心の中で叫びました……

絶対、父のような男とは付き合わないと思っていたのに、同棲したのが父のような男だったとは、なんとも皮肉な話です。

昔から結婚願望はこれっぽっちもなく、父方祖母に「さやちゃんのウエディングドレス姿、見たいわ」と言われた時も「いや、絶対ない」と否定して悲しませてしまったこともある私。

この件でなおさら、結婚の『け』の字も脳内から消えたのは言うまでもありません。



拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]