忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ディナゲストとタクシー通院が家計を圧迫しまくりで、全然お小遣いを有効利用できなかった私は、当時ストレス溜まりまくりでもありました。
県内の婦人科でセカンドオピニオンに向いている病院を検索したところ、自宅からはちょっと距離があるものの、口コミもダントツの病院を見つけました。

飼い主様に平日動いてもらうのは無理なので、母に頼んで連れて行ってもらいました。

病魔は子宮であると確信していて、もう子宮摘出したいのに現主治医は首を縦に振らずディナゲスト服用強要するばかりだとありのままを訴えると、その病院の先生は元主治医も現主治医も後輩だとおっしゃって、

「ここで摘出手術はできないから、とりあえず痛み止めをあげましょう。それから、今すぐ元主治医のいる病院に紹介状書いてあげるから、そこで摘出してもらいなさい。あと、自宅近くの婦人科も行きつけを作っておいて、痛む時は痛み止めを処方してもらって。ディナゲストはもう飲むのやめなさい」

と、自宅近くの婦人科と元主治医のいる総合病院と、二通の紹介状を書いてくださいました。痛み止めはボルタレンを処方され、その場で一錠飲まされて帰宅ーー二通の紹介状書いてもらったのに、診察料は良心的金額で涙出そうになりました……同じ科でも、こんなに対応が違うのですよ、今、通院中の方で主治医の対応が納得いかないなら、セカンド・サード・オピニオンお勧めします。

自分の症状にきちんと応えてくれるお医者さんが見つかるまで、病院を変えていいのですーーただし、薬を処方してもらう時は、要注意。他所の病院で処方された薬とかぶらないよう、お薬手帳を忘れずに。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]