忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自宅から近い婦人科と、元主治医のいる総合病院と、二通の紹介状を書いてもらった私は、まず総合病院に連絡して予約を取り、痛みが酷くなりそうな時は早めに近くの婦人科で鎮痛剤を処方してもらって、秋までやり過ごしましたーーそして、10月。いよいよ摘出手術の入院へーー

って、全病棟個室ですってぇ!?

主治医の先生は地元では『セレブ病院』と呼ばれる総合病院に転勤されておりました……診察も手術前検査もそれはそれは丁寧で、どんな質問にも解り易く説明してくれましたが……高いよーーーー!

一番安い個室でも婦人科病棟は一万円から、でした。これは手術終わったらさっさと退院せなん。個室内にはバストイレ付き、タオルも毎日取り替えてくれてホテル並みのサービスですよあーた。ただし、食事は別料金。

ホテルと唯一違うのは、室内というか病棟全体のケータイ電波状況が悪すぎること。医療計器の中にはケータイ電波NGとか聞いたことはありますが、これでは家族との電話連絡はおろかメールの送受信もできません。

そのタチの悪さったらあーた。

使わない時はアンテナ全開なのに、使おうとするとゼロになっちゃうのですよ。電話がかかってきても一瞬繋がるけどすぐ切れる。私もキレました。

「お高いお部屋だのに、何なん!?」

飼い主様に訴えると、次の日電波飛ばしてくれる装置を買ってきてくれましたーーめでたしめでたし。

いやいや、手術はこれからですよ?

とりあえず、最初の難はクリアしました……問題は、翌日の手術。ここのご飯は美味しくて、すぐ機嫌直したのはーーここだけの話。(笑)

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]