忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

34歳になって、子宮口を塞ぐように育っていた4つの子宮筋腫を取りました。この時、子宮肥大症とも診断され、

「普通の人より経血量多いから、貧血など起こしやすいので気をつけて」

と主治医に言われていたもののーー何をどう気をつけるのよ? 筋腫を取ってから3ヶ月ほどは生理痛もなく経血も詰まることなくスッキリした感じでした、が。確かに出血量は半端なく、昼でも夜用、寝る時は紙パンツのようなものを穿いていないと布団が大変なことになりました……

そして、痛みのなかった生理は、4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月ーー過ぎていくにつれ、経血の出が悪くなり、生理痛悪化の角度もぐんと鋭くなり、どうにかすると半月寝たきりになるほどの痛みに見舞われるようになりました。
やっと出血かと思うとレバーのような塊で、明らかに病的……なのに、婦人科に行っても鎮痛剤を処方され、

「専業主婦なら、安静にしておけばいいでしょ」

みたいなことを暗に言われる始末ーー男にも生理痛あればいいのに。そうだ、これからは生理が来るたびに呪ってやるぅ……サヤ・グナグナ・アンダ……私はあなた(男)を呪います。

読み聞かせも参加し辛くなり、朝の読み聞かせシフトからは外してもらい、昼休みのおはなし会組に定着しましたが、それも参加できないこと多数。

そんな折、自然番組で蝸牛が取り上げられていて、子どもの頃「便利な生き物だなぁ」と感心したのを思い出しました。蝸牛『カタツムリ』は雌雄同体で、出会った二匹のカタツムリはお互いに生殖孔に生殖器を挿入、どちらが産卵するかは神のみぞ知る、なのです。

人間も蝸牛みたく、どっちが妊娠するかは『神のみぞ知る』なら良かったのにーにーにー……以来、私は、生理が来る度に蝸牛が羨ましくなり、生理期間をこう命名したのです。

『蝸牛羨望週間』とーー。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
46
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]