忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2018/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
自分のことを好きになれないまま、周囲の男の子や先輩に気を揉んだのが大学2年から4年の頃でした。
男女関係というものがどういうものかは既に知ってはいたものの……それは全て、初恋の彼のエスコートによるもの。相手に対してどうしたいとかどうすればいいとか、一切考えたことはありませんでした。
彼に身を任せていれば、全て解決していた初恋。自分から相手を好きになって、積極的にアプローチしていたのは小学低学年以下の頃で、大人になりかけの大学生が同じことをできるはずもなく……空回りばかりしました。

そうでなくても、言葉で自己主張するのが苦手な私は、それを取り繕うために吐かなくてもいい嘘を吐き、張らなくてもいい見栄を張りーー好きな相手がかえって引いてしまう言動を繰り返し、独りで落ち込む負のスパイラル。

今思えば、子どもの頃のように、自然に素直に気持ちを伝えればそれが最善策と解りますが、当時は『大人気取り』だったのでしょうね。背伸びしすぎていたのよ。
私が大人気取りなら、相手も大人気取りであったなぁ……当時は気づく余地もなかったけれど。

特に、大学2年の冬から付き合い始めた2つ年上の先輩とのセカンドラブは、自分の想いと思考のギャップ、先輩の本性が垣間見えたショックで、これまた強烈に心傷つきました。
教育実習の手続きが始まる大学4年の春。先輩とのお付き合いに耐えられなくなった私は、先輩に本心を追及した挙句、その足で北海道まで傷心旅行しちゃいました。

教育実習の手続き期限ギリギリの5月半ばまで約2週間、北海道の友人宅にお世話になりましたーー本当に、すみませんでした。長期滞在させてくださって、ありがとうございます。

これだけの逃避行をしてもなお、20代半ばを過ぎるまで、まともな恋ができなかった私……やっぱり、他人よりもまず、自分を好きにならないと、でした。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
45
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]