忍者ブログ

猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜

生まれて初めて触った動物が猫だったサヤネコです(以来ネコ好き)。 十二の時に死にかけ、三十代にも死にかけましたが、まだ生きています。死にたいと思った事も多々ありますが、なんだかんだで生きています。 生かされている事に感謝して、シャーマン始めました。

2018/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
物心ついた時には既に手元にあり、今も続いている趣味というか、ライフワークというかーーそれがビーズ細工です。
母は編み物・裁縫はやるけれど、ビーズのような細々したものは苦手な人で「教えた記憶ない。気づいた時にはもう持っていた」と言っているので、おそらく父方祖母が私に教えてくれたのだと思いますーー1歳7ヶ月から2歳の頃??

父方祖母は、とても手先が器用な人でありとあらゆる手芸通でもありました。編み物・フラワーディップ・リリアン刺繍・ビータッチ・ビーズ細工……裁縫をやっている姿を見たことはありませんが、手元に納まる細工物にかけては、そのスピードも仕上がりも素晴らしいものでした。
また、本人から何か教わることはありませんでしたが、母方祖母も色彩感覚豊かな裁縫名人で、買ってきた服が味気ないからと自分でカラフルな刺繍を施したり、座布団・クッションカバー・手提げバッグ・エプロンなど作るのはお手のものでした。

母は「あんたは隔世遺伝だろうねぇ」なんて言っていましたが、そんな母も裁縫嫌いと言いながらミシンを使いこなし、私が子どもの頃は服をたくさん作ってくれました。

「子ども服高かったけん、作らざるを得んかった」

いやいやいや、母さん、ありがとね。

だいぶ話逸れたな……

そんな血筋の私はーー編み物も裁縫もダメダメですが、色彩感覚と手先の器用さは受け継いだようです。中でもビーズは、作成意欲にムラがあるため数年放置な時期もありましたが、ずっと手元に残してきたものでした。

最初はもちろん、ただ糸に通すだけのシンプルなもの、次第に物足らなくなってきて、立体物に取り組むようになり、大人になってからはインストラクターの資格も取って……現在は原点回帰で、糸に通すだけでどこまでアレンジできるかにハマっています。

ビーズの他、裁縫も編み物も全くやらないことはないのですが……母や祖母には足元にも及びません。
いいや、1つでも特技があればと思う、この頃です。←諦めた(苦笑)




拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
莢猫
年齢:
44
Webサイト:
性別:
女性
誕生日:
1973/09/06
職業:
自由業
趣味:
ビーズ細工・ドライブ
自己紹介:
詳しくはカテゴリー『プロフィール』で。
A型乙女座長女なのに、近頃は、AB型とかB型とか星座はともかく末っ子とか一人っ子とか言われる、ゴーイングマイウェイ主婦。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ



















































































<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 猫空世界〜闘病生活から超自然主義にならざるを得ない生活になった世界〜 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]